ayacollete

お寿司

もし母が生き返ってくれたとしたら
母の作ったちらし寿司がもう1度食べたいと思う

こんな蒸し暑い日は寿司が食べたくなる

母は郷土の伝統的な作り方で
レスケという白身のお魚を焼き
身をほぐして昆布と共に酢につけて魚から出る
旨みを寿司酢にうつして(身は絞って捨てる)寿司めしを漬けていた

この一手間が
味に深みを出し酷の在る寿司になるんだと思う

レスケは東京では見かけないから
普通の寿司酢でやっちゃう

なんか一味ものたりない

もう1度 母の味が食べたい と
できないことがわかりきってることを
ふと
誰しも思うものなのかな

$アヤコレット ブログ