ayacollete

お手紙とどきました

先月ライブをさせていただいた南伊豆南上小学校の全校生徒さんから お手紙が届きました。感激しました。低学年の子供たちは素敵な絵も描いてくれています。子供たちの素直な言葉や感想が胸をうちました。

いろんな感想を書いてくれているんだけど 中でも多かったのが

目をつむってピアノをずっと弾いててすごいなとおもいました。という感想がいくつもありました。(笑)目はつむりたいわけではないんですが、目をつむったほうが 音がよく聞こえるんです、わたしの場合。きっと不思議に思ったんですね。素直な感想新鮮です。

 

 

さらに 「宣言」という曲が好きだったと書いてくれた子は  歌詞の「君は僕にもう会えないね」というところが 一番好きです。それはこの詩を作った人のかなしい気持ちが伝わる場所だからです。とつづられていて 音楽と言葉をまっすぐとらえて、彼がなにかをこの曲から受け取ってくれたんだなと思ってうれしくなりました。子供たちの言葉はすごいです。まっすぐ、直球。だから 大人にささります。

 

子供たちの前で演奏するときは いつものライブより緊張します。伝わるか、どこまで伝わるか いつも丸裸になったような心地で演奏をします。真剣に向き合えば、たとえ子供向けにしなくとも何かが伝わると心底思っているので あえて いつもの調子でライブをしています。退屈しないかなぁ、いや少しはした子もいたかもしれないけれど 何かが届くという信念で弾いています。そして 何かが届いたよーというお手紙は何よりの宝物になりました。

南上小学校のみなさん ありがとうございます。みんなの美しい校歌の合唱 忘れないよ。