ayacollete

南伊豆 南上小学校のみんなと

行ってきました。伊豆急行の海を臨むすばらしい景色をみながらゴトゴト東京から約5時間。終点下田よりすこしさらに奥にいったところにある南伊豆。そこの山間の中腹に山に囲まれるように建っている小学校。南上小学校。今は全校生徒が47名というとても小さな規模の小学校ですが、古い鬼瓦が2階に展示してありなんと創立は150年くらいらしい。とても歴史ある小学校なのだそうです。とにかく自然がすばらしい。光がすばらしい。行き道でひろったクマゼミ(まだ都内に持って帰っても元気)をそっとカバンに忍ばせていざ ライブ会場へ向かいます。

おお、駐車場に こんなご案内が。スペースを確保していただいて 教頭先生お心遣いおそれいれいます。

木の枠組みがかわいい。

色々と準備をありがとうございます。

 

1日だけなれるとしたら何になりたいですか?という問いかけにみんなが制作してくれたもの。なぜかお化け率が高い。たしかにわたしもなってみたいなぁ

 

アヤコレットにお声かけくださり、司会進行をつとめてくださった下村さん お疲れさまでした。おかげさまで時間を押すことなく無事終われて感謝です。

 

会長さん。絵の具やさんの帽子がキュート!呼びかけご協力ありがとうございます。

子供達が アヤコレットさーん”!と呼びかけてくれて 「ハーイ!」と 登場。ちょっと恥ずかしい。

「宣言「」と」「最高の人生「」を歌わせていただきました。ちょっと難しかったかな。何かが残っててくれたらいいな。
通学の途中によく動物に会うという彼ら。なんと サルやキジやシカやイノシシに会うんだって!もう、桃太郎の世界です。アヤコレットビックリ!

そして 片山健さんの 「大きい川小さい川」

絵本のスライドと共に。

絵本をとりこんでスライドに起こしてくださった先生 その後の作成してくれたちさちゃん

ありがとうございました。タイミングがジャストでした。背景に時々うつる南伊豆の景色 砂浜や空や雲や夕焼けが美しかった。ここでなければ上演できない世界で1つだけの 「大きい川小さい川」になりました。

ラストには世界で1つだけの花をみんなで歌いました。

窓からは 山と山の間を吹き抜けてくる心地よい風がスーッと子供たちの声をつつんで部屋の中がなんともいえない一体感になりました。子供たちの力ってすごい。

 

その後 部屋を移動して みんなに大きい川小さい川を描いてもらいました。

カオス状態になりつつも 力作ができあがりました。

 

最後にアヤコレットからのリクエストに応えてくださって 南上小学校の校歌をみんなが歌ってくれました。

なんて美しい声!ここの子供たちは合唱がすごいんだよ。と前評判は聞いていましたが なんだかもう心が洗われる歌声。豊かな自然環境に恵まれて育っているからでしょうか。小川のせせらぎや小鳥の鳴き声や 風が揺らす木々の音 そう 子供達の声からまっすぐな素直さと自然の奏でる音に近い心地よさを感じました。

 

南上小学校のみんな 楽しい時間を一緒に過ごしてくれてありがとう。出会えてうれしかったよ。

「わたしはわたし」をなぜ歌わなかったの?あれが一番好き。と言ってくれた少年がいました。ウハハ すごいね、よく調べてくれたんだね。またいつか会えるといいな。

最後にこのイベントに際して ご協力くださった 父兄の皆様 先生方 本当にありがとうございました。南伊豆の自然と皆様との出会いに感謝。  アヤコレット