ayacollete

工藤冬里×アヤコレット×塚本真一

8/8curious 3 jazzy piano night  
アヤコレの独断と偏見に満ち満ちたこの企画へ
お問い合わせありがとうございます。
ご予約はこちらへlastwaltz@shiosai.com
お問い合わせはこちらまでお願いします。ayacollette721@yahoo.co.jp

今回で4年目になるアヤコレこだわりのピアノ企画。
スタイルもジャンルも背景も違う音楽家が
pianoという共通項のみで集まり、
全く違うそれぞれのパフォーマンスをする一夜。
やりたい放題、毎回tori kudoの予想を軽々と裏切るダイナミックな存在感も然ることながら
毎回お客様がよくついてきてくれるものだなぁと感心しつつ
暑いさなかに足を運んでいただき、大変ありがたく思っております。
年に1度の打ち上げ花火。また同じ時を共有できることを楽しみにしております。 アヤコレ 

curious 3 jazzy piano night  
工藤冬里×アヤコレット×塚本真一

8/8(fri)
last waltz

開場 18:30 開演 19:30
全席自由 ご予約 2,000 当日¥2,500(税込み ドリンク別)

メールでの予約はこちらまで、lastwaltz@shiosai.com
1.ご希望公演日時 2.お名前&フリガナ 3.人数 4.お電話番号
を送信下さい。折り返しこちらから確認のメールを送信致します。

ご予約お問い合わせ:ayacollette721@yahoo.co.jp

出演者プロフィール

工藤冬里(P) 音楽家・陶芸家

日本の実験音楽バンドMaher Shalal Hash Baz (マヘル・シャラル・ハシュ・バズ) 主催http://ja.wikipedia.org/wiki/Maher_Shalal_Hash_Baz
70年代より活動を始める。主な活動は菅波ゆり子(向島ゆり子)とのマシンガン・タンゴ、岩本清顕・吉原潤とのガイズンドールズ(Guys’n’Dolls)、コクシネル、スニッカーズ、Sweet Inspirations、Maher Shalal Hash Baz、TACO、野戦の月楽団、NOISE、Che-SHIZU、またプレイヤーとしての参加は、渚にて、PASTELSなど数多い。

強烈な存在感とキャッチーだが不思議な楽曲センスを持つ唯一無二の存在。

塚本真一トリオ  塚本真一(P)守屋拓之(cb)菅沼雄太(ds)

塚本真一(P)
高校卒業の春 金沢から上京。二十歳のころから音楽活動を開始。
穏やかな表情を湛えたバラード曲やスピーディーでアグレッシブな即興演奏が魅力。
音楽に対する真摯な姿勢はリスナーを刺激する。
コントラバスの守屋拓之 ドラムの菅沼雄太と共に3人で生み出す
バランスがよく心地のいいサウンドもこのトリオの魅力

塚本真一trio, the time steppers ,TAM TAM楽団(yala yala),
amephone’s attc, trial productionなどで活動中

アヤコレット(P)http://www.h5.dion.ne.jp/~ayacol/
前衛POPとも評されるそのピアノ演奏と歌で、クラシックやジャズまたは現代音楽など多様なジャンルの音楽から受けた影響を、詩人や絵本などの言葉たちにのせて、軽やかにアヤコレ流ポップスとして昇華させていく。 1994年に渡仏。帰国後2004年『Aya Collette LIVE!!』『アヤコレッピアン。』amephoneプロデュース「The Classical Alubum Of Collette 」などのアルバムを発売している。