ayacollete

熱狂の時

$アヤコレット ブログ
ラ フォルジュルネ オ ジャポン

ショパン生誕を記念して
日本でショパン全曲を演奏するというイベントが
行われていた

友人がそのTシャツを着ていて
そのことを思い出した・・くらい
演奏会にはうといこのごろ

全曲演奏というのはすごいチャンスだ。

意外と演奏会にはあがらない曲も数多くある。

小さい子連れで行けないのが最初からわかっていても
行きたかったと思うのが悔しいので
最初から情報を仕入れなかったが
テレビでやっていてやはり見てしまう

ほとんどのコンサートがソウルドアウトという
この盛況ぶりはなんだ。

ショパンってそんなにみんなすきな作曲家だったのか。

昔 ショパンが大嫌いだったわたくしなど
わかっちゃいない・・と一笑されそうな感じ

いや、いまや大人になり
ショパン好きを公言しています。

平野啓一郎さん曰く

ショパンの音楽には
今の音楽が失ってしまった
「気品」が 存在しているのだそうだ。

心の汚れた人もショパンを聞けば浄化される

ショパンを聞いたあとに
銀行強盗しようとは誰も思わないでしょう

なぁるぅほど

パチンコやでサンサーンス「白鳥の湖」がかかってたら
だれもガンガン玉を打とうという気分にはならない・・と
近い理屈のような気がするが妙に説得されたのであった