ayacollete

究極のおしゃれ

歯のことでここ数日 行政にお世話になっている。

きのうは2歳児の歯科検診

子供のために行ったが 親の歯の方が重症だったので紹介され

今日は親が歯科相談をすこやか保険センターなるところで受診する。

歯医者さんに行く前に こういう場所が
行政によって用意されていることすら知らなかった。

高い税金を納めているのだ。
どんどん利用すべきなのだ。
けれど こんな平日に設定された 歯科相談
堅気の勤め人には行けないじゃないか。
行政は誰のために これを企画しているんだろうか・・

自分の歯がほとんどないというおばあちゃんが私の横で
診察を受けていた。

乳飲み子連れた母親と歯の抜けたおばあちゃんのために
用意された いたって広々と快適なスペースで
1時間も歯のことについて講習を受けた。
$アヤコレット ブログ
これは大人の歯
模型で見てもなんだか生々しい

$アヤコレット ブログ
こっちは子供の歯
大人より上下2本ずつ少ないらしい

どーでもいいと思っていた歯だが
このところ歯医者にたらいまわしにされて
いいかげん 歯に向き合ってみようという気になった。
けっこう歯のことって奥深い

手鏡をもって歯を磨く講習をうける。

歯科衛生士さんがいう

我々の幼い頃の歯に対する常識と
今の歯に対する常識が雲泥の差で違うのだという。

近頃の若い人たちは
歯に対する意識が高い。
歯を粗末にする昭和世代の人間からみれば
驚くほどだ。
たかが 歯 ではなく
大事な大事な 歯 なのだ

たしかに生涯に
歯医者さんにかける 時間と金額を考えたら
歯ほど大切にして損はないものもない。

今 いけてるのは 歯がきれいなこと。

究極のみえないところのおしゃれである。