ayacollete

8月9日東京 試聴室 curious vol.10 やります

8月9日東京 試聴室 11月4日神戸 グッゲンハイム邸 curious vol.10 やります

久々にライブの準備を開始しています。日々の些末な事柄に追い立てられるように過ぎてゆく時間。よく食べる野球少年たちの飯炊きに追われ、朝3合昼3合夜3合。気づけば我が家は1升のコメを毎日炊いていることに最近気づきました。学校の役員やら自治会役員やら些末な日常がどんどん時間を食いつぶしていきます。そんなこんなの日常でピアノの前に座る時間を確保するのが至難の業ですがようやくエンジン始動。

先日 息子のお友達のさやかママが主催してくれている発表会で聴いた秋川雅史さんのご子息 秋川風雅くんのストラヴィンスキー作曲ペトルーシュカの謝肉祭のピアノ独奏に感銘を受け ピアノに真摯に向かうということはこういうことだと改めて彼に教えてもらいました。謝肉祭は大好きだけど恐ろしく難しい楽譜。急には弾けないですがせめてワルトシュタインでも。とベートーベンを引っ張り出してきてゴリゴリ弾いています。気づけば爪がボロボロに・・ベートベンソナタはピアニストの座右に必ず置いておきなさいとピアノの先生が言っていたのを思い出しました。演奏に必要な様々な要素が詰め込まれているのだ。ね。

さて ライブやりますよー

今年も見たことないものに触れてみてください。私もそれが生まれる瞬間を楽しみにこのイベントを続けています。
今回はスペシャル企画。どんなふうにしようかあれこれ考えるのが一番楽しい時間

 

今年は アヤコレット×工藤冬里×塚本真一

で続けてきたイベントcurious piano night が10回目を迎えます。

それにあたって 神戸のグッツケンハイム邸にてライブをやりませんかというありがたいお言葉を大阪の音凪さんhttps://otonagi20110601.tumblr.com/からご提案いただきました。難航する日程調整の末11月4日に決定。我々のイベントを楽しんでくださってここまで支えてくれた観客の皆さんに感謝。東京でcuriousを続けてきたメンバーと共に神戸にて開催できることに心から感謝します。

 

神戸グッケンハイム邸ライブにはスペシャルゲスト神戸在住のアーティスト 廣中薫さんhttp://kaoruhironaka.com/131313/hi.htmlとご一緒させていただくことも決定いたしました。

廣中薫さんはエネルギッシュでパワフルで枠にとらわれないアート作品を作り出す人。

いつかライブペインティングご一緒したいなとおもっていた矢先に神戸でのお話。さらに彼女と工藤冬里さんと合わせてみたら何か生まれそうだなぁというのが最初の発想。人と人との出会いから何かみたこともないものが生まれるものです。その瞬間に立ち会う喜び それこそcurious nightで私が追い求めてきたもの。我々の活動に価値を見出して神戸にお呼びくださる音凪の古市さんに感謝。何よりも一番楽しくなるよう準備して 本番はおもいっきり楽しみたいと思います。

 

11月4日神戸グッゲンハイム邸  お近くの方は覚えておいてください。

詳細はのちほど。

 

その前哨戦として curious vol.10 を例年通り 東京 試聴室にて開催します。

8月9日 こちらもやりますよー昨年は風邪をひき酷い声でした。ごめんなさい。今年は万全をつくします。

みなさんにお会いできることを楽しみにしています。