ayacollete

新作 painlessly できました

painlessly 〜痛みなしに〜
kano sen/keith Jarrett「country」

痛みなく
君を想わなければ
散り散りに消える 空へ
僕の存在も死も
painlessly

震えつつ
君の踵は待ってる
口づけが 洗い尽くす
断ち切られた時間を
painlessly

恐れの中で
色彩が生まれ
開こうとする花に
濡れた手で触れる
流れ続ける川に
影を浸しながら ひとつ
記憶が身をかがめる
painlessly

more than you know
when the night vanish into mordent snow

more than I feel
kissing your trembling heel
I’ll be lost unless I think of you
painlessly


someyhere silent in the fear
all the colours have began
they make me count what can be done with your eyes full of
tears .
all the time the shimmring
stream flow as vision go away
from past years what do I see

I’ll be lost unless I think of you
painlessly

13年ぶりに新作を作りました。

何を伝えたいか 何を残しておきたいか

とても考えて曲を選びました。

13年の間に身近な人を見送ったり

子供が産まれたり 何度も引っ越ししたり

自力ではなく他力で生かされていることを

痛感する物凄い激流の時の中にいました。

時に流されながらも 音楽は常に心に存在し、瑣末な事に追われる日常、時々振り返ってみて、自分から離れていかない唯一のもの それが音楽でした。音楽をすることは生きる喜びをくれる。出てきた音からそんな部分を共有できたらいいなと思います。

大人になるにつれ、小さな出来事から生きる喜びを 小さな新聞の記事から人の痛みを感じられるようになってきて それを人間の成長というのかなと思っています。

4/29 試聴室  14:30〜

アヤコレットソロアルバム featuring 塚本功

「painlessly ペインレスリー 痛みなしに」

店頭発売に先立ちまして、

先行発売ライブ やります。

配信もあります。地方の方ぜひご覧になってください。

http://shicho.org/2022/04/1_22042/