ayacollete

クレープやさん


花の街 チャリティーイベントでgo!go!crape という移動販売のクレープやさんと
ご一緒する機会があった。普段は都内各所を周られてるという。
ここのクレープやさん、やたらと盛りがいいのに驚いた。
イチゴとクリームの定番を頼んだら これでもか!というくらいクリームがはいってさらにイチゴもごろごろ入っていてちょっと感動。
原宿のクレープに慣れてる人が食べたら誰でも感動するであろうこの盛りの良さ。

ちょっと興味があって クレープやさんになった馴れ初めを聞いてみたら

いやぁ・・・つぶしがきかなくなったんすよ。とくに甘いものが好きなわけでもないんですけどね。

と 正直な答えが返ってきた。

友人の手伝いを頼まれてクレープやさんをやりはじめたら
会社が倒産したり・・いろいろあって 結局
ミイラ取りがミイラになったという感じらしい。

意外と人生そんなものかもしれない。
自分が選択して動いているように思ってるけど
人との出会いとか 会社が倒産するとか いろんなタイミングで
人生が大きく動いていく。

グレープやさんの人生。

いろんな軒先を借りて営業する大変さや
たった一人で世間と対峙していかなくちゃならない大変さとか
人の情にふれて ありがたいなぁと思ったり
やたらと正義感の強い市井の人に営業妨害されて困ったり・・

普段は話をする機会が全くない
異業種の人の話を聞くのはとても感慨深いものがある。

盛りのいいクレープには
作る人の想いがこめられている。

普通に働いて普通に稼いで
社会で暮らしていくことの大変さ

その中にこめられたささやかな
人の想いに触れると
なんだか ほっこりとするのです。

がんばれークレープやさん。