ayacollete

寄りかからず

ようやく2年越しの想いが通じて
ルーシーリーを見ることができた

彼女の作品を何かの本で見かけたとき
こんな人になりたい と思った

こんな作品を作る人は
どんな生き方をしていたのだろう

彼女自身に興味がわいた

$アヤコレット ブログ

雨の新国立

彼女の作品はどれも
寄りかからず
1人で凛と立っている

初期の作品にはさほど心ひかれないが
年を重ねるごとに魅力が増して
後期の作品群はためいきがでるほどだ

都市に生き
ひたすらに作品と向き合い
静寂の中でろくろに向き合い
挑戦と改善 緻密な計算
時代を超えて
自分の美を追い求めた彼女の生き方

それが彼女の作品そのもの

$アヤコレット ブログ

憧れの人に出会えた喜びに
うっとりしながら
ついロビーでケーキを食べてしまったら
これがプラスティックの容器にのせられて
出てきてしかもマズい

美術館のロビーではなかなかおいしいものに
出くわさないという鉄則を忘れていた

少し悔しい思いをしながらも
図録を大事に抱え帰宅